スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/30 明治神宮

2日間シギチが続いたので、今日は渡りの小鳥
鳥見以外にもやらなければならないことがあるので、今日は朝だけ、ということで近場の明治神宮を覗いてみました。

お題の渡りの小鳥はキビタキとセンダイムシクイ。
あともう一種くらい出したかったんですが、こんなもんでしょうか。
冬鳥はオシドリもシロハラもルリビタキも居なくなってシメのみ。
クロジに期待していたんですが、残念ながら見られませんでした。
御苑内では餌付けしているらしいので、そちらにはまだ居るかも知れません。
ほかには小鳥ではありませんが、カケスが北池の周りの木に集まって鳴き交わしていました。
かなり騒々しかったのですが、しばらくすると一斉に北西方面へ飛び去って行きました。
どうやら渡り前の集会だったようです。

more...

スポンサーサイト

tag : 渡りの小鳥

4/29 春のシギチツアー(稲敷周辺)

JapaneseReed0704
恒例のシギチツアー。
今回は市川市内で寄り道して、クサシギやイソシギを見てから茨城県へ。

いつものように午前中はオオセッカとコジュリン三昧。
コジュリンの中に足輪を付けた個体がいましたが、何処で付けたんでしょうね?
昨年、一昨年に足輪を付けた個体を見た記憶はないんですが、気付かなかっただけかな。。。

シギチは今年は浮島の蓮田が当りで、オオハシシギとウズラシギとヒバリシギがまとめて見られました。
それからちょっとだけ離れた場所にツルシギも。

西の洲では池にエリマキシギとツルシギ、カモ類。
谷津でもそうでしたが、コガモが一番渡りが遅く、次いでハシビロガモも遅め。
それに対しヒドリガモやハジロは早い感じがします。
ヨシガモが意外と残っていて、印旛沼でも見られました。

帰りは北印旛に寄ってサンカノゴイを探しましたが不発。
代わりではないけれど、換羽中のエリマキシギ♂を見つけました。
胸の周りに飾り羽根が出ていて、これから首、頭へと換羽していくようですが、現段階では体に対して首から上が妙に細くアンバランス。
あと1ヶ月くらい滞在してくれれば完全な夏羽になるんでしょうが、いつまで居てくれるのでしょうか。

全体として、今年は例年よりツルシギがよく出てくれて3カ所で見られました。
逆にいつもはあちこちで見ていたタカブシギは1カ所のみ。
これはたまたま?なんですかね。
ほかにはチュウシャクがまとまった数の群れで見られました。
コチドリが少なく、トウネンは記録なし。
トウネンは昨日の谷津でも少なかったのでちょっと心配なんですが…、少し遅れて渡って来るのであれば良いのですが。

そういえば何処で見たかは忘れましたが、ハクセキレイのディスプレイを初めて見ました。
♂が尾羽を広げ、翼も3分の2くらい開いて♀に迫って行くんですね。
ハクセキレイなんて普通種なのにこういうディスプレイをするとは今まで知らず(ちなみに私の周りの方々はご存知だったようですが)、新しい発見があるのが鳥見の奥深さですなぁ。

最後になりましたがドライバーのS木さん、S口さん、いつもながらお疲れさまでした。
そしてご一緒した皆さまと鳥たちに感謝。

more...

tag : シギチ

4/28 谷津干潟

GreyPlover0704
GW一発目は谷津でシギチを見ました。
干潮が10:30頃だったので遅めのスタート。
南船橋側から入ると、まずコガモやハシビロガモが目につきました。まだ意外とたくさん残っているんですねえ。
続いてこんな場所でサンショウクイの声が3声聞こえたんですが、姿は見えず。
習志野緑地でも木の梢や鳴き声に注意していたんですが、やはりサンショウクイは見つかりませんでした。上空通過だったようです。
ウグイス、アカハラ、オオヨシキリが囀っていました。

シギチではオオソリハシシギが目立ちます。
数えてはいませんが、メダイチドリと同じくらい居たんじゃないかと。
それに対してトウネンが少なく、5羽くらいしか見掛けませんでした。
ほかに少数派としてはコオバが1羽。
まだ換羽中で真っ赤という訳ではありませんが、パッと見て分かる程度には赤くなってました。
シギチ以外ではコアジサシがまとまった数見られました。
今年は何処で繁殖するんでしょうか。
あとユリカモメが1羽だけ残っていましたが、これがまたほとんど冬羽のまんま。
よっぽど栄養状態が悪いんでしょうか??

3時頃からにわかに風が強くなってきたので、今日はここまで。
京葉線に乗った頃には案の定激しい夕立が降り出しました。危ない危ない。

more...

tag : シギチ

4/14 三番瀬・行徳鳥獣保護区(お花見)

Black-headedGull0704
先週から三番瀬にオニアジサシが飛来していると聞いて行ってみました。
本日は行徳鳥獣保護区でお花見もあるので、まずは大丸東京店のふるや古賀音庵で団子を購入してから三番瀬へ。

大丸の開店が10時だったので三番瀬着がお昼近くになってしまいましたが、今朝はまだオニアジサシは出てないとのこと。
最悪の「さっきまでは居たのに」パターンは回避、と言っても喜んでばかりもいられません。
このオニアジサシ、かなりの気分屋でなかなか姿を見せないようなので気合いを入れて探さないと。
で、探すとしたら東側の堤防から、更に東側遥か遠くに見える千葉港堤防の上に群れるユリカモメ。これに混じっている可能性が高いですな。
どうせお花見までほかに行く所もないので、大丸のポール・ボキューズで買ったパンを齧りながらのんびりユリカモメをチェック。
なかなか見つかりませんでしたが、何とかオニアジサシ発見。
発見まで時間が掛かったのは、お休みモードに入っていて、たま~にしか顔を上げない(赤い嘴が見えるチャンスが少ない)ため、ということにしておきましょう。
サイズがセグロカモメと被るほど大きいのですが、横長の体型で体高はユリカモメとあまり変わらない(ように見える)ため、遠目にはサイズで篩をかけるのが難しい…、というのも発見が難しい理由。ということにしておきましょう。

オニアジサシ以外では、前日はまだ居たらしいビロードキンクロを探してみましたが、見つけられず。
1羽、腫瘍で顔がボコボコになっている可哀想なハジロカイツブリが居ました。

オニアジサシはとても写真にならないので、画像は行徳鳥獣保護区で見た綺麗な夏羽のユリカモメです。

more...

4/8 新浜探鳥会

TSUKUSHI0704

本日のテーマはメダイチドリだったのですが、残念ながら確認できず。
しかし江戸川放水路ではコチドリを始めイソシギの囀り、ヒバリの追いかけっこ(♂同士のナワバリ争い?)など、行徳鳥獣保護区ではツクシやオタマジャクシなど観察でき、春らしさ満載の探鳥会となりました。
特にツクシなんて毎年ここ以外では見ていないような、、、昔は自宅の庭にもあったのにねぇ。

tag : 探鳥会

4/1 多摩川探鳥会

YAMAZAKURA0704

暑いほどの陽気で、今日一日でだいぶ日に焼けました。
毎年4月は多摩霊園のお花見探鳥会と重なってしまうので参加者が少ないのですが、多摩川でも見事なヤマザクラが見られました。
例年より一週間くらい早いようです。

今日は鳥もよく出てくれて、鳥合せでは多摩川にしては多めの45種。
さらに解散後にはハヤブサにちょっかいを出すツミが見られたり、ヒガラやアオゲラの鳴き声も聞こえたりして結局50種超の野鳥を確認しました。

tag : 探鳥会

Kitaca
プロフィール

TAJI ときどきJery

Author:TAJI ときどきJery
日本野鳥の会東京
ヤン探をよろしく☆

最近の記事
リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。