スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期の話

先週の金曜日、ちょっとショックなことがありました。
じつは、2週間ほど前に定期が切れていたことが判明したんですねぇ。
私、もともと定期の有効期限には無頓着で、自動改札で通せんぼされて初めて定期が切れたことに気付く人だったんですが。
定期がパスモになってからは、切れても通せんぼされなくなってしまったんですね。
…2週間で気付いて良かったとするべきか。。。
もちろん、スケジューラには半年ごとの繰り返しでアラームを設定したので、次回以降は大丈夫だと思いますが、定期切れているのに気付いてない人って意外といるんじゃないですかねぇ?
スポンサーサイト

11/10 ジャパンバードフェスティバル2007

JBF0711
行徳野鳥観察舎友の会 のお手伝いで我孫子のジャパンバードフェスティバルへ行ってきました。
毎年5月に開催されている東京港野鳥公園のバードフェスティバルは何回か行ったことがありますが、我孫子の方は実は今回が初めて。
お手伝いと言いながら、ブースの設営が終わった後、午前中はずーっと遊んでいました。
このイベントは、鳥好きの人が…というのではなくて、我孫子市を挙げて地域にしっかりと根付いたイベント作りを実践している点が素晴らしい。
我孫子駅から会場をつなぐシャトルバスの車掌さんが地元の女子高生だったのが印象的でした。
あの山階鳥類研究所にも行って、現在の取組みについて説明を聴きました。
その一つが「ふるさと作戦」。
鳥島で徐々に数を増やして、今では2,000羽まで回復したアホウドリですが、世界中で2カ所しか繁殖地がなく、鳥島は活火山の島なので噴火の影響をもろに受けてしまうリスクがあります。
アホウドリは自分が生まれ育った場所で繁殖する習性があるので、アホウドリの雛を鳥島から聟島に移して、聟島が自分の「ふるさと」であると認識させようという試みです。
その実験段階として、今年は媒島(なこうどじま)で生まれたクロアシアホウドリの雛を聟島に移して人工飼育を行い、見事成功したそうです。
数を増やすのにもいろいろなやり方があるものだと感心しました。

本日は生憎の天気で、足元はドロドロ、場所によっては田圃状態になっていましたが、友の会のブースにも多くの方にお越しいただき、お子さんや女性を中心に恒例の「マスコットの色付け」を楽しんでいただきました。
我孫子は都心からだとちょっと遠いですが、来る価値は十分あると思いました。
もちろん来年も来ます!

11/4 多摩川探鳥会

本日は多摩川探鳥会
まず河原に出てびっくり。先日の台風で川の流れがだいぶ変わってました。
中洲に生えていた草もきれいさっぱりなくなってしまいました。

観察した鳥の種類はこの時期にしては少なかったのですが、タヒバリ、ジョウビタキといった冬鳥をしっかり確認。
しかしカモ類はヒドリガモがわずか1羽のみ。。。
一方、猛禽類はミサゴ,トビ、オオタカ、ハヤブサ、チョウゲンボウと5種類。よく出ますねー。
今日はミサゴとハヤブサが低めに飛んでくれて(しかも同時に!)良かったです。
交通公園の辺りでは「エリザベス」と呼ばれるオオタカ成鳥がよく見られていましたが、世代交代したのでしょうか、今日見られたのは「ダイアナ」と呼ばれている個体でした。

鳥以外ではツマグロヒョウモンの交尾が見られました。

tag : 探鳥会

11/3 Young探鳥会 in 明治神宮

Young0711
高齢化・少子化が著しい我が国において次世代を担う若い力を如何に育てるか、ということがあらゆる分野で喫緊の課題となっておりますが、こと高齢化に関しては日本野鳥の会東京支部は時代を先取りしております。
すなわち、探鳥会の担当者も参加者も年齢層が高い。。。
ま、多くの高齢者の方にご参加いただくのは良いことだと思いますが、こうも年齢構成が偏っていると組織の行く末がやや心配。
そういう訳で(?)、40歳以下対象という年齢制限付き探鳥会の開催を試みました。もちろん担当者も全員40歳以下。

参加者が集まってくれるか不安がありましたが、蓋を開けてみれば42名の盛況。
天気の良さも手伝って和やかな探鳥会となりました。
今回はちょうど学園祭の時期で学生さんには参加しづらかったようです。←開催日設定における反省点

次回2月11日(祝)は葛西臨海公園で開催しますので、お楽しみに~。

tag : 探鳥会

Kitaca
プロフィール

TAJI ときどきJery

Author:TAJI ときどきJery
日本野鳥の会東京
ヤン探をよろしく☆

最近の記事
リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。