スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

> 1日目~ 薩摩川内

SANKOSYO
九州へはかねてから一度行かねばと思いつつも、いつでも行けると思って今まで敢えて行かなかずにいました。
しかしカラフトワシがもう15年目とのことで、そろそろ行っておかないとマズイような気がしてきたので思い切って1/16-19の4日間、九州へ遠征してきました

参考書は文一の探鳥地ガイド。
ノルマは川内のカラフトワシと出水のツル4種と球磨川河口のオオズグロカモメ。

初日のエモノ(って言っても見るだけですよ)は川内カラフト。
いざ!!
8:05羽田発の10:00鹿児島着、それからレンタカーを借りて空港から川内まで約40km移動なので、初日の鳥見は午後のみ。
なのに天気が怪しくなってきて、ちょうどお昼頃から雨が降り始めてしまいました。
しかも今冬のカラフトさんはお留守にしていることも多いと聞いていたので、御目通り叶うかちょっと心配していたのですが。。。

現地に着くなりたまたまお会いした鳥屋のご夫婦に居場所を教えていただき難なく見ることができました。
これは幸先良いですね~。
GreaterSpotted
このカラフトさん、私が帰る時も同じ場所に止まりっ放しで、結局飛んでいるところは一度も見れませんでした。
しきりに甲高い声でキョッキョッと鳴いていましたが…、縄張り宣言??なんでしょうか。

雨は降ったり止んだりを繰り返し、降る時は土砂降りになるので鳥見は専らクルマの中から。
ここではホオアカが多いのにびっくりです。
それからタヒバリが多いのは当然としてムネアカもポツポツ混じっていて、タヒバリウォッチングが結構楽しめました。
中には赤味の無い個体もいて、ドキッとさせられます(けどやっぱりムネアカで良いみたいです)。
掃いて捨てるほどたくさん見られる予定だったアトリとツリスガラが見られなかったのは雨のせいでしょうか。。。

【日時】1月16日(火) 12:15~16:45
【天候】雨ときどき曇、風弱
【確認した種】(「個体数など」に"h" とあるのは聴覚のみによる確認)
和名 英名 個体数など
1.カイツブリLittle Grebe2
2.カワウGreat Cormorant1
3.ダイサギGreat Egret1
4.コサギLittle Egret2
5.アオサギGrey Heron1
6.ミサゴOsprey1
7.トビBlack Kite4
8.カラフトワシGreater Spotted Eaglead.1
9.チョウゲンボウCommon Kestrel1
10.ヒクイナRuddy-breasted Crake1
11.クサシギGreen Sandpiper1
12.イソシギCommon Sandpiper1
13.カワセミCommon Kingfisher2
14.コゲラPygmy Woodpeckerh1
15.ヒバリSky Lark5
16.キセキレイGrey Wagtail1
17.ハクセキレイBlack-backed Wagtail10+
18.ムネアカタヒバリRed-throated Pipit8+
19.タヒバリWater Pipit200
20.ヒヨドリBrown-eared Bulbul10
21.モズBull-headed Shrike5
22.シロハラPale Thrushh2
23.ツグミDusky Thrush20
24.ウグイスJapanese Bush-Warblerh1
25.エナガLong-tailed Tit3
26.メジロJapanese White-eyeh3
27.ホオジロMeadow Bunting20
28.ホオアカChestnut-eared Bunting30+
29.カシラダカRustic Bunting4
30.アオジBlack-faced Bunting3
31.オオジュリンReed Bunting11
32.カワラヒワGrey-capped Greenfinch300
33.ニュウナイスズメRusset Sparrow♂2♀1
34.スズメEurasian Tree Sparrow200+
35.ムクドリWhite-cheeked Starling20+
36.ミヤマガラスRook80
37.ハシボソガラスCarrion Crow10
38.ハシブトガラスLarge-billed Crow10
番外ドバトFeral Pigeon4
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラフトワシについて-バードウォッチング-鳥侍屋

カラフトワシカラフトワシ生物の分類|分類界: 動物|動物界 門: 脊索動物|脊索動物門 亜門: 脊椎動物|脊椎物亜門 綱: 鳥類|鳥綱 目: タカ目 科: タカ科 属: ''Aquila''種 (生物)|種: ''clanga''学名''Aquila clanga''英名カラフトワシ

カラフトワシカラフトワシ生物の分類|分類界: 動物|動物界 門: 脊索動物|脊索動物門 亜門: 脊椎動物|脊椎物亜門 綱: 鳥類|鳥綱 目: タカ目 科: タカ科 属: ''Aquila''種 (生物)|種: ''clanga''学名''Aquila clanga''英名カラフトワシ

comment

管理者にだけメッセージを送る

Kitaca
プロフィール

TAJI ときどきJery

Author:TAJI ときどきJery
日本野鳥の会東京
ヤン探をよろしく☆

最近の記事
リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。